【映画】グレイテストショーマンは2018年度No.1映画だ(3月時点)

スポンサーリンク

初登場から2週連続で興行成績1位を取得している話題のミュージカル映画、「グレイテストショーマン」を観てきたので、感想を記載します。

ネタバレは含みませんのでご安心を。

はじめに

2018年に入ってからなかなか観たい映画がなかったので、本作はとても楽しみにしていました。

「ララランド」の制作スタッフが手がけるミュージカル映画ということで、当然比較対象とされている本作。

僕の周りでもグレイテストショーマンの方が素晴らしいという方もいれば、ララランドの方が好きという方もおり、意見は真っ二つに割れています。そこで、僕もララランドとの比較形式で感想を述べたいと思います。

 

ミュージカル映画としてはグレイテストショーマンに軍配

僕としてはストーリーはララランドの方が好みですが、歌と踊りというミュージカル映画としてはグレイテストショーマンに軍配を上げたいです。

個人的にララランドはTheミュージカル映画!というよりは、音楽が挟まれる頻度が他の映画よりも多いという印象で、僕としてはそこまでミュージカル映画としては観れていませんでした。

一方でグレイテストショーマンは、これぞ王道のミュージカル映画という印象で、本当に素晴らしかった。

個人的には2018年度No.1映画作品です。(3月時点)

歌に関しては、特にジェニー・リンド役のレベッカ・ファーガソンが歌い上げる「Never Enough」は圧巻の歌唱力で、何度も鳥肌が立った。

この体験は自宅でのDVDでは味わえないので、ぜひ映画館の音響と大スクリーンで味わって欲しいです。

女性とのデートにおすすめ

正直ララランドは、あの結末だと女性がいろいろなことを考えてしまうので、デートに大変おすすめとまでは言えない映画でした。(ララランドを観てない方はすみません。)

ただ、グレイテストショーマンは女性とのデートでも楽しく観れますので、大変おすすめです。美しい音楽とダンスを見る体験を共有することで、仲も深まるかと思います。

上映時間も104分と長すぎず短すぎない絶妙な長さで、終始楽しく観ることができます。

ミュージカル映画が苦手という方もたまにいると思いますが、本作は展開も早いのでミュージカルが苦手な方も抵抗無く楽しむことができると思います。

サントラを手放せない

ララランドを観た後もそうでしたが、ミュージカル映画を観た後はサウンドトラックの鑑賞が何よりの楽しみになります。僕は音楽を聴きながらデスクワークをする人間ですが、一日中エンドレスで聴いています。

曲ごとに映画のシーンが想起されるので、何度も映画を観た気分になりとてもお得感があります。

サントラは月額980円の「apple music」に入っているので、そちらで楽しんでいます。

 

余談

 

僕は今回お台場のユナイテッド・シネマ アクアシティで鑑賞しましたが、この劇場はデートにとてもおすすめです。ここには二人の仕切りがないペアシート12席あり、通常の料金と変わらない料金で鑑賞することができます。(大人2人×1,800円=3,600円)

お台場で映画を観る人が少ないのか、ここはいつも空いており、公開2週目の土曜日の13時過ぎの会でも8割ほど空いていました。

ただ、ペアシートは当日は埋まっていたので、この席を取りたい場合は予約はしたほうが良いです。

※前日の夜に予約した段階で残り数席でした。

 

以上、グレイテストショーマンの感想を記載しましたが、この映画は絶対に映画館で観たほうが良い映画なので、少しでも関心のある方はぜひ鑑賞することをおすすめします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

28歳、ITベンチャー役員。
年間150冊本を嗜む読書愛好家。

本、ファッション、投資、女性にモテる方法など、人生を豊かに暮らす方法を模索しながら、役立つ方法をゆるく発信していきます。

▼旧ブログ
【20代男子しか見てはいけないブログ】