スプラトゥーン2を始めてみたら、人生が豊かになった。

スポンサーリンク

実は僕は子供のころからゲーム大好き人間でした。

ただ、大人になってからは大好きなゲームをやる時間も惜しくなり、自己投資に回す時間を作るようにしてきました。

しかし、そんな僕の我慢も、とうとう限界まで来てしまい、

超絶面白いと話題のスプラトゥーン2に手をつけてしまいました。

結論として、面白すぎて人生が豊かになったのでその体験談をここに残します。

想像以上に面白すぎて感動しました

スプラトゥーン2は発売から1年が経ち、今更感があったのも事実ですが、そんなことは杞憂に終わりました。

ただただ、ひたすらに面白いです!

最近は自己投資の時間など忘れて、毎日スプラトゥーン2に明け暮れています。

スプラトゥーン2をやった方にはこの気持ちは伝わると思いますが、

やったことの無い方に向けて僕が思う3つの魅力を紹介します。

「スプラトゥーン2」の3つの魅力

 

僕が感じたスプラトゥーン2の魅力は以下の3点です。

1. オンラインでの通信対戦が面白すぎる

ここが一番の魅力ですが、ズバリ、オンラインでの通信対戦が面白すぎます!

僕はどちらかというと、ドラクエやFFといったソロプレイ中心のゲームが好きで、

みんなでやるゲームと言えばスマブラやマリカーといったメジャーなゲーム程度。

オンラインゲームは高校生の頃に韓国の「REDSTONE」というMMORPGにハマりましたが、それくらいでした。(これは毎日10時間くらいやっていました。)

まず、通信対戦となると、毎回相手が変わるので、飽きるという概念がなくなります

むしろ、誰にも負けたくないという気持ちから徹底的にやり込みたいというモティベーションが湧きます。

オンラインでの通信対戦ともかぶる部分はありますが、2点目はこちらです。

2. リアルの友人ともプレイできる

オンラインでのプライが基本となるので何を当たり前なことを」と思うかもしれませんが、

リアルの友人とも遠隔で一緒にプレイができます。

スプラトゥーン2には「2人」or「4人」でチームを組んで全国の猛者たちと戦えるモードもあり、仲間意識が強く芽生えます。(負けると激しく悔しい!)

さらに僕らがプレイする時はLINEでグループを作り、ビデオ通話で会話をしながら同時中継でプレイします。

これがとても面白く、何時間でもプレイができます。

今の学生なんかはおそらく当たり前にこのようなスタイルでやっているのでしょうが、僕は久々のゲームだったこともあり、このスタイルに猛烈に感動しました。

遠隔でもプレイできますが、早速オフ会を開いて、知人で集まってゲーム大会を開こうとも画策しています。

3. 難易度が高い

3つ目の魅力は難易度が高いことです。

僕は最初からオンライン対戦をやってみましたが、見事にフルボッコにされました。涙

スプラトゥーン2は「4対4のチーム戦で、相手を倒しながら(キルと呼ぶ)ペンキで色を塗り合うゲーム」ですが、プレイヤーのスキル差がもろに出るゲーム性で、1人が圧倒的なプレイヤーがいるとそれだけでゲームを支配できます。(僕はそんな圧倒的な一人にフルボッコにされる日々です。)

でも、最初は操作になれるまでに時間がかかりましたが、ある程度慣れてくるとキルできるようになる。

そうすると自分のランク(レベルみたいなもの)が上がり、さらに強い敵と戦うようになりまたフルボッコにされる。

悔しいのでさらに腕を磨いて…の繰り返し。

画面の向こう側にいる実際の人間との戦いなので、負けると強烈に悔しいのですが、だからこそ勝つと超絶に嬉しく、面白いのです。

さらにはネットに繋がっていれば新ステージや新アイテムなどの追加もあり飽きさせない工夫もあります。

スプラトゥーン2のおかげで人生が豊かになった

最近は仕事が忙しいことで、残業も多く、我慢の日々でもありましたが、

スプラトゥーン2を買ったおかげで人生に潤いが戻りました。

むしろスプラトゥーンをやりたくて仕事を早く終わらせようと、生産性も確実に上がりました。

人生には一定期間の修行の時期も必要だと思ってましたが、毎日楽しく働いて、楽しくゲームをして、ハッピーな日々を送ることも大切だなと改めて実感しました。

もし今あなたがちょっとつまらない日々を送っているとしたら、スプラトゥーン2を買えば解決しますので、ぜひ試してみてください。

ちょっと前まではNintendo Switchの本体自体が品薄で、抽選販売や転売ヤーによる価格の釣り上げもあり手に入りづらかったですが、今は通販で楽にゲットできます。

Nintendo Switchのおすすめソフト達

スプラトゥーン2以外でも以下の3つのソフトをプレイしましたのでレビューします。

スーパーマリオオデッセイ

マリオオデッセイはスイッチ入門の1本目として最適なソフトです。

ゲーム性としては、マリオが帽子を投げて、相手の能力をコピーしながらステージを攻略していくゲームです。

難易度もほどよく、ゲームに慣れていない方や子供でも楽しめます。

その一方でやり込み要素もありますのでゲーム好きの方にもおすすめです。

マリオオデッセイは僕がスイッチで一番初めに買ったソフトで、

ゲームを起動した時の最初の感想は

「ごっつい画面綺麗やんけ。」

というものでした。

映像の綺麗さと動きの滑らかさに、プレステ3を初めて起動した時の感動を思い出しました。

ニンテンドー64(ロクヨン)のスーパーマリオ64以来のマリオでしたが、これはプレイ必須です。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド

こちらは2017年の「日本ゲーム大賞」に輝いたソフトです。

(2016年はスプラトゥーンの1作目が受賞)

圧倒的な映像美と、ゲームの世界を思うがままに動き回れる自由度で、人気を誇ります。

本作はAmazonのレビューも異様な高さだったので、期待を持ってプレイをしたところ、期待を裏切らないほどの素晴らしさでした。

平日の昼間は日本の社会に縛られている僕ですが、夜になるとこのゲームに入り込み圧倒的な自由を手にする。

「動物を狩りして、火を起こして料理をする」、それだけでも面白いのです。

僕はゼルダの伝説シリーズは64(ロクヨン)で「時のオカリナ」や「ムジュラの仮面」をやり込んでいたので(懐かしい)、その時の感覚も思い出せて2度美味しい思い(謎)もさせてもらいました。

一つ気をつけたい点としては、ゼルダの伝説は結構難しいので、

ゼルダシリーズをやったことがない方や、

ゲームにあまり慣れていない方は他の作品からプレイすることをおすすめします。

星のカービィスターアライズ

こちらはスーファミの超名作「星のカービィ スーパーデラックス」を彷彿とさせるソフトです。

僕は今28歳ですが同年代の方のほとんどは小学校の頃にプレイされたのではないでしょうか。

相手の能力をコピーして攻略していくゲーム性は昔のままで、今作では4人同時プレイも可能になっています。

テレビCMでも大々的に放映されていたので、僕もとても楽しみにしていざプレイをしたのですが、このソフトに関してはおすすめ度は正直低いです。

理由は2つで、「難易度が低い」点と「やり込み要素が少ない」点です。

僕が小学校の頃にカービィの経験値をたくさん積んでいたこともありますが、ちょっと簡単すぎて物足りなさを感じました。

ただ、ゲームをあまりしたことがない彼女と一緒にやったのですが、彼女は結構苦戦していたので、ゲームをあまりやったことがない方にはちょうど良いと思います。

でもよっぽど「カービィが好き」という方以外はマリオオデッセイの方がおすすめです。

さいごに

スプラトゥーン2のおかげで、僕は久々に日常が楽しくなりました。

別に病んでいたとかそういうわけではなく、楽しみなイベントも入れながら日常を送っていましたが、

ゲームがあると、なんてことのない毎日が楽しくなるのですよね。

一人でも楽しいし、みんなでも楽しい。

そんな素晴らしいゲームという存在を、僕は改めて愛し直そうと誓いました。

そして、AIの目まぐるしい進化により、人類の仕事の大半はAIに奪われることが危惧されている現代社会ですが、

「AI早く進化して仕事奪ってくれっ!」と思う今日この頃です。

まだスプラトゥーン2を持っていないあなたは、ぜひプレイしてみてください。

そして僕とともにチーム戦をしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

28歳、ITベンチャー役員。
年間150冊本を嗜む読書愛好家。

本、ファッション、投資、女性にモテる方法など、人生を豊かに暮らす方法を模索しながら、役立つ方法をゆるく発信していきます。

▼旧ブログ
【20代男子しか見てはいけないブログ】