【20代に読んでほしい】Kindle Unlimitedの超おすすめビジネス書5選

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedに新しく追加された本が、面白いものばかりでしたのでまとめておきます。

どれもおすすめの本ですので、まだ読んでない方はこの機会にどうぞ。

「多動力」堀江貴文

言わずと知れたホリエモンこと堀江貴文氏の超有名本、「多動力」が読み放題になっています。

ビジネス面ではメルマガの発行からオンラインサロンの運営、ロケットビジネスからベンチャー投資など様々な顔を持つ堀江氏。

プライベートでもトライアスロンやスキー、ゴルフに海外旅行と、やりたいことはとにかく何でも実行する。

僕はメルマガに加入しているので堀江氏の1週間の動きを毎週見ているのですが、想像を上回るほどの多動をしています。

本書の内容としては、以下のような章があります。

  • 一つの仕事をコツコツとやる時代は終わった
  • 世界最速仕事術
  • 最強メンタルの育て方
  • 人生に目的なんていらない

 

これからの時代、どのように生きるべきなのか、どのような働き方をするべきなのか、という指針になる本で、今の自分の行動面を振り返るいい機会になると思います。

そしてこの本は熱量が強く、読んでいるだけで自分も何かやってみようと思えるカンフル剤としての役目もあります。

本の構成も「項目の見出し」、「Point」、「JUST DO IT」という構成で書かれており大変読みやすい作りになっています。

POINTでは項目の解説をしており、JUST DO ITではチェックリスト方式で何をするべきかというところまで落とし込んでいるため、行動にも移しやすいです。

以下が一例です。

 

短い言葉で断定的な口調で書かれているため、1時間もあれば読めてしまいます。

読書の習慣がない人でもとっつきやすい本なので、あまり本を読めていない方もこの本をきっかけに読書に目覚めるのもおすすめです。

以下に当てはまるような人はぜひ手に取ってみてください。

  • 今の生活に満足はしているがどこか刺激がない
  • やりたいことが見つからない
  • やりたいことはあるが時間が足りなくてできていない
  • 仕事は安定しているが将来どうなるか不安
  • 失敗するのが怖い

僕は購入して読みましたが、購入して大正解でした。

そんな本が読み放題なので、この本のためにだけでもKindle Unlimitedに加入する価値があります。

「どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール」尾原 和啓

筆者の尾原氏はGoogle、マッキンゼー、リクルート、楽天など誰もが知る有名な会社を転々とし、合計12回も転職をしている筆者。

この本ではこれからの時代の働き方を指南しています。

人生100年時代と呼ばれる今日。今までの当たり前の価値観であった、「60歳で定年し老後は趣味に没頭する」という生き方はこれからは当たり前ではなくなってきます。

また、AIの研究が進むことで既存の仕事の大半はなくなっていく時代の中で、一つの仕事を一つの会社で何十年も続けるということは難しくなっています。

そんな新時代に合わせて、「あらゆるチーム・どんな職場でも使える、自由に生きるための超実践的な仕事術」が書かれています。

この本の良いところは、全て筆者の実体験を元に書かれているところです。

これからの時代の働き方を紹介している本には、机上で考えられた学術的な本も少なくないですが、それに対して実体験をベースに書かれた本は大変貴重です。

この本を読めば、以下のことが学べます。

  • どの会社でも通用する働き方、仕事術
  • Googleやマッキンゼーといった超有名企業の社内ルールや価値観
  • 転職をポジティブに捉える考え方
  • どの会社のどのメンバーとも仲良くできる方法
  • AI時代に通用する働き方

これからの時代の働き方を考える上で、読んでおいた方が良い本の一冊です。

仕事に対する考え方が変わりモティベーションも上がるので、休日にコーヒーでも飲みながらゆっくり読みたいですね。

「モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書」尾原和啓

上述の「どこでも誰とでも働ける」と同じ著者である尾原和啓氏の本です。

この本は、以下のような悩みの解決に手助けをしてくれる内容となっています。

  • 何となく今の仕事にモティベーションが湧かない
  • 良い女、良い車、良い家のために稼ごうと思えない
  • 若者の部下に対してどうすればやる気を持ってくれるか分からない

僕も前職はイケイケの営業会社に勤めていましたが、上司はみんなこう言ってきました。

「たくさん稼いで良い車に乗ろうぜ」

「良い女を抱くにはたくさん稼ごう」

会社の仕組みとしても「営業数字を達成すると歩合が○万円」といったように、目の前にニンジンをぶら下げるような管理手法でしたが、僕の同世代の人間はどこか冷めた目で見ていました。

そんな上の世代と現代の若者世代の価値観のギャップの正体がこの本を読めばわかります。

その上で、今の世代の人間は何を意識すればモティベーションが沸くのか、というところまで落とし込まれているので、何となくやる気がでないという人は一読することをおすすめします。

前述の「どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール」が実践編だとすれば、この本は理論編という立ち位置で書かれています。

モティベーション革命から読んだ方が著者の考え方が理解しやすいと思いますので、こちらから読み進めるのがおすすめです。

「図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」山崎 元、大橋 弘祐

この本では、「資産運用とは何をすればいいのか」という疑問が解消する答えが書かれています。

言葉としては有名なNISAやiDeCo、インデックスファンドとは何かという、資産運用で必要な基本的な知識が手に入ります。

また、その一方で、誰もが持つお金の悩みへの回答が網羅的に書かれているため、お金のことを勉強したいという方の1冊目としてはこれ以上ないくらいの最適な本です。

具体的には以下のことが学べます。

  • 老後って本当はいくら必要か?
  • 投資って何をすればいいのか?
  • 家は買った方がいいのか?
  • 家を買うならマンション?戸建?
  • 保険には入ってはいけない?
  • 結婚はした方がいい?
  • インデックスファンドとは?何を買えばいい?
  • NISAってなに?iDeCoってなに?

親の世代から教えられる「貯金をしろ」「家を買え」「保険に入れ」ということを鵜呑みにすると、今の時代は損をする可能性が高いです。

古い世代の大人から言われる常識と現代社会の中で通用する常識を照らしあわせる意味でも、この本は絶対に読んだ方が良いです。

結局のところ、資産運用とは情報を知っているか知らないかだけで大きな差がついてきますので、基本的な知識はこの本で抑えたいところですね。

「1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣」ケビン・クルーズ

この本はタイトルの通り時間管理について書かれた本です。

タイトルの1440分とは、時間の大切さを忘れないために1日24時間を分単位で表したものです。

1時間単位でもなく、秒単位でもない。分単位で表現していることには意味があります。

1時間単位で物事を捉えると本当はもっと短い時間でもできることを無駄に間延びさせてしまうという弊害があり、

秒単位で捉えるとできることが少なすぎて時間に対する意識が身につかない。

一方で分単位で考えると、1分でできることはたくさんあり、時間に対する感覚が磨かれます。

本でも紹介されていますが、確かに1分もあれば以下のように様々なことができます。

  • 腹筋を30回する
  • 愛する人に気持ちを伝える
  • 寄付する
  • 日光を浴びる
  • 体幹トレーニングをする
  • 瞑想する
  • 日記を書く

本の内容としては、「時間が最も貴重な資源であるということを再認識でき、具体的にどのように時間を管理してどのように効率的に時間を使うか」ということが書かれています。

僕も含めて休みの日にだらだらと過ごしてしまう人は多いと思いますが、改めて時間の大切さがわかる本でした。

以下に当てはまるような方は一度読んで見ることをおすすめします。

  • やらないといけないことを先延ばししてしまう
  • ToDoリストの管理が苦手
  • 残業が多い
  • 読書をする時間が取れない
  • 気づくとやりたいことができずに1日が終わっている
  • 朝早く起きれない
  • 集中力が続かない

まとめ

今回取り上げた本を全て読めば、

  • これからの働き方
  • お金のこと
  • 時間管理

と、生きる上で大切なことが身につく内容となっています。

Kindle Unlimitedは期間限定で利用できる本も多く、これらの人気本はすぐに読めなくなってしまう可能性が高いので、早めに読んでおくことをおすすめします。

この5冊は購入すれば6,000円くらいしますが、これを月額980円で読めるのは本当にありがたいです。

30日間の無料体験もありますので、一度お試しあれ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

28歳、ITベンチャー役員。
年間150冊本を嗜む読書愛好家。

本、ファッション、投資、女性にモテる方法など、人生を豊かに暮らす方法を模索しながら、役立つ方法をゆるく発信していきます。

▼旧ブログ
【20代男子しか見てはいけないブログ】